読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冬の低山はミッドカットで! byまりっぺ

装備編

冬と言えば雪山!
いえいえ、雪まとう山だけが冬山ではありません。
冬になるとわたしは、標高1000m前後の低い山を目指します。
夏のギラギラ太陽の下では、低い山は暑すぎる!
冬は気温が下がるので稜線を出ない山でも、快適に楽しめます♪

そして、低山で履く登山靴はミッドカットが私の定番。
ミッドカットって何??とお思いの方~

じゃ、じゃん!

f:id:otonajoshi:20131213132346j:plain

奥にあるのが、夏や秋に標高2000m以上の高い山へ登るときに履いているハイカット

ミッドカットハイカットよりも足首廻りが低くソール(靴底)アッパー(靴の上部)柔らかいんです。

今日は足元を軽く荷物も軽く山を歩きたいな~ という時に活躍するのがミッドカットなのです。

けれど柔らかすぎる靴が苦手な私は、その中でも比較的硬めの靴を選んで履いています。

反らせてみると、こんな感じに~

f:id:otonajoshi:20131213170814j:plain

母趾球(ぼしきゅう・足の親指のつけ根)からつま先までの曲がり方が違いますよね。
低山といえども、登山道が凍っていればアイゼンを装着する場合もあり、剛性が高い方が靴とアイゼンの整合性も良くなります。

さて、来週はどこへ行こう。

byまりっぺ