読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴れた日にはサングラス、吹雪いた日にはゴーグルを。 byなっちゃん

サングラス・ゴーグル

今月は、登山の必需品「サングラス」

雪山での必需品「ゴーグル」のご紹介です!!

 

私は雪山でも天候が安定している日はサングラスを着用しています。

ゴーグルはどうしても暑くなってしまうので、肌の調子が悪く日焼けを気にする日や吹雪いてしまったときはゴーグルを着用します。

 

 

『そもそも、サングラスってどう選ぶの?』

恐らく、そんな声も多いのではないでしょうか?

 

雪山での使用も考えた時には、「偏光レンズ」をおすすめします!

雪面、水面、路面などのギラつきを抑えて、くっきりとした視界を得ることができます。

 

下の写真を見ていただくとわかるように、

銀の反射板もくっきり見えることで模様が確認できます!

 

 

f:id:otonajoshi:20140104193836j:plain

↑この銀色の模様が・・・ 

 

 

f:id:otonajoshi:20140105191744j:plain

↑普通のレンズでは変化がないけれど・・・

 

f:id:otonajoshi:20140104194019j:plain

↑偏光レンズだとくっきりと模様が見えます!!

 

 雪山では、雪のでこぼこも見えるのでおすすめです。

 

 

『では、ゴーグルは?』

私はオールマイティーに使えるレンズを選びました。

選んだゴーグルはOAKLEY。レンズはVR50 PINK IRIDIUM。

f:id:otonajoshi:20140110093909j:plain

 

f:id:otonajoshi:20140104194422j:plain

可視光線透過率35%なので、晴れた日にも眩しさを抑えてくれます。

(可視光線透過率が低い程、暗いレンズ=晴天時に眩しくない。)

(可視光線透過率が高い程、明るいレンズ=曇りの日にも見えやすい。)

 

 

吹雪いたときをメインに使用することを前提に選ぶのであれば、

透過率の高いオレンジ色のレンズなどおすすめです!

f:id:otonajoshi:20140104194711j:plain

 

ざっくりとですが、まずはこんな感じで選んでみましょう!

 

ちなみに私も使用していますが、バックル付きで後ろで外せるタイプなども便利ですよ♪

 

byなっちゃん