読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雪山レイヤリング★ byくみんちゅ

ウエア編

こんにちは! くみんちゅです。

 年始初の投稿です(^ ^)

今年もおとな女子登山部をよろしくお願い致します!

 

 

一昨日、赤岳へ行ってきました!

f:id:otonajoshi:20170115114106j:image

天候が悪くアタックはできませんでしたが、赤岳鉱泉で、初の雪山テント泊楽しみましたよ〜♪

 

今回は、その時のコーデをご紹介!

f:id:otonajoshi:20170115114127j:image

左から順に重ねて着ていきます。

① パタゴニア ナノエアフーディ

こちらは化繊のジャケットで、行動中に主に着ていました。フリースよりも暖かく、でもダウンよりも蒸れない暑くなりすぎない!

登山口から小屋まで脱ぐことなくずっと着てましたよ〜

f:id:otonajoshi:20170115114857j:image

あ、ネックウォーマーはなっちゃんが紹介していたランドネ2月号の付録です♡

ランドネさんのお・ま・けbyなっちゃん - 山のしたく/よそおい<おとな女子登山部>

可愛いくて私も買ってしまいました(o^^o)

ふわふわですごい暖かかったです〜

 

つじまいがおすすめしていたファイントラックの「ポリゴンジャケット」も同じ類です。

おすすめのミッドレイヤー~ドラウトポリゴン3~ byつじまい - 山のしたく/よそおい<おとな女子登山部>

化繊ジャケット、行動着におすすめです(^ ^)

 

②ノースフェイス スターライトジャケット

ハードシェルです。雪山において、稜線など風が強いところでは必須です。寒がりな方は下に化繊の中綿ジャケットを着たり、暑がりな方は薄手のフリースなどにしたり、下のレイヤーは人それぞれですね。

f:id:otonajoshi:20170115145012j:image

(今回は着なかったので、去年3月の赤岳写真より)

 

③パタゴニア フィッツロイダウンパーカ

ハードシェルの上からも着られるような厚手のダウンです。3000m級の雪山だとあったほうが安心です。稜線停滞時、テント内就寝時など!

f:id:otonajoshi:20170115145315j:image

今回はテント内で大活躍でしたー!

(テント内気温:約-10〜-15℃でした)

 収納袋つき★

f:id:otonajoshi:20170115145410j:image

 

 ★パンツ

f:id:otonajoshi:20170115173459j:image

ファイントラック「エバーブレスアクロパンツ」です。

冬用のオーバーズボンです。

この下はメリノタイツとオールシーズンパンツを履いています。

☆①番のナノエアフーディの下は、ファイントラックのドライレイヤーとメリノウールのシャツ2枚だけです。

 

★グローブ

f:id:otonajoshi:20170115173840j:image

 ①&② ファイントラック 「エバーブレススノーグローブ」

インナーがセットになっているグローブです。

樹林帯の中では①だけで大丈夫だと思います。

 

③バイレス オーバーミトン

稜線で風が強い時、①&②の上からさらに重ねて装着します。ピッケルも持ちやすいよう三つ指タイプがおすすめです。

 

 

 以上です!

寒さなどの体感は個人差がありますので、一例としてご参考にしてください〜(^ ^)

 

 

次回はテント泊で作った山ごはんを挙げますね〜♪♪

f:id:otonajoshi:20170115174918j:image

(談合坂SA名物  談合坂あんぱん!)

 

登山レポートはこちら

赤岳 冬のテント泊 | 登山レポート | 登山用品・アウトドア用品の専門店 好日山荘

 

 

by くみんちゅ