読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分ルールby荻野なずな

この時期、レイヤリングのご相談をよく受けます。
行く場所や気象条件、現在所持しているウエアの種類や組み合わせ、暑さ寒さの感じ方など、人それぞれなので、その方に合ったレイヤリングが必要になります。

今回は、ご参考までにアンダーウエアの自分ルールを紹介します。

f:id:otonajoshi:20160131152338j:plain
①おブラ:finetrack/スキンメッシュフィットブラ
おパンツ:ICEBREAKER(メリノウール)

f:id:otonajoshi:20160131152459j:plain
③ドライレイヤー:finetrack/スキンメッシュT
④タイツ:berghaus/メリノウール150

上半身は、ザックを背負っている背中側に汗を感じやすいので、finetrack製品で汗戻りをシャットアウト。
下半身は冷えやすいので、メリノウールで温かくしています。

基本はこの組み合わせで、行く山によってこの上に重ねるベースレイヤーの厚さを調整するようにしています。

あくまでもこれは私の一例です。
経験や、ある程度の失敗から自分ルールが出来上がっていきます。

おまけに、ジャケット関係の収納方法も。

f:id:otonajoshi:20160131154842j:plain
①素早く羽織りたいので、チャックは空けたまま。

f:id:otonajoshi:20160131154853j:plain
②肩を畳み込んで細長く。

f:id:otonajoshi:20160131154935j:plain
③下から上へクルクル。

f:id:otonajoshi:20160131155001j:plain
④フードに収納。
これなら出す時もパっと早いです。

f:id:otonajoshi:20160131155034j:plain
⑤このあと、ダウンJKTなら濡らさない様に防水バッグへ。
空気が抜けるような収縮できるものがグッド。

f:id:otonajoshi:20160131155123j:plain
手のひらサイズ。

f:id:otonajoshi:20160131155250j:plain
パッキングする時は縦にして隙間に刺すように入れると、上から色々取り出しやすいです。

f:id:otonajoshi:20160203174620p:plainby荻野なずな