かおりんと巡る秩父旅・第4回は元気いっぱい山ガールコーデで♪ byるんちゃん

じめじめ梅雨の中、第4回を迎えた秩父札所巡り。

日差しは無くとも、高い湿度と空腹で熱中症になりかけた私を、

持ち前の明るさで励ましてくれたかおりん↓↓↓

f:id:otonajoshi:20190713122041j:plain

藪からかおりん。

こんな鬱蒼とした場所でも元気いっぱい頼もしい!

 

今回のコーデのポイントは何といってもショートパンツ!

f:id:otonajoshi:20190713110945j:plain

黄色がとってもキュート♪

優しいカラーのTシャツにサポートタイツを合わせた

山ガールのお手本のようなコーデです。

www.kojitusanso.com

www.kojitusanso.com

www.kojitusanso.com

 

インナーはこちら。

www.kojitusanso.com

 

f:id:otonajoshi:20190713123650j:plain

f:id:otonajoshi:20190713170233j:plain

山ではやっぱり明るいカラーがおすすめ!

コーディネートに1つでもビビットな色があるととっても印象的になります!

私もいつものベーシックな色に

差し色になるウエアを一つ取り入れてみたいと思いました! 

 

お店では今こんなことやってますんでぜひ!!

f:id:otonajoshi:20190713192627j:plain

 

by るんちゃん

 

催行決定【富士山:富士宮ルート】  byなみへ~

7月20日(土)~21日(日)

日本最高峰へ登ろう!富士山登頂(富士宮ルート)

催行決定致しました!!

ガイドは田中ガイド 同行はなみへ~です!

 

持ち物をざっくり並べてみました!

あとは当日の服装をどうするかお天気と相談です!!

広げてみるとこんなにいっぱい持っていくの??という感じですが、、、
f:id:otonajoshi:20190710191313j:image

 

 付属のスタッフバックにいれたり、別売りの圧縮するスタッフバックにいれるとコンパクトになります!濡れて困るものは防水の袋にいれていきます。

荷物はできるだけ軽くコンパクトにした方が登頂率があがりますよ!!

 
f:id:otonajoshi:20190710191324j:image

 なみへ~は今回この38ℓのザックで行きます!

ちょっと大きめですが、皆さまへの差し入れがありますので^^;お楽しみに!

ご参加の皆様は25ℓ~30ℓ位で収めてくださいね!

 

f:id:otonajoshi:20190710134214j:plain

ザックカバーも確認!

行動食、雨具などは取り出しやすい場所へ!

水分補給はこまめにできるようハイドレーションがおすすめです!

f:id:otonajoshi:20190710134353j:plain

 

なみへ~は皆様とのツアーで山小屋泊初めてです!

とても楽しみにしております♪

過去の記事でなっちゃんが持って行くと便利なものをあげてくれています!

 

yamafashion.hatenadiary.jp

 

 

↓装備チェック表はこちらをクリック↓

www.kojitusanso.jp

ツアー詳細はこちらです!!

http://www.kojitusanso.jp/common/file/20190720fuji2.pdf

http://www.kojitusanso.jp/otonajoshi/join/schedule.php



Byなみへ~

追伸:選挙当日は富士山だから事前に不在者投票行かなくては・・・!

 

 

週末は尾瀬テント泊♪byなっちゃん

今週末は尾瀬でのテント泊ツアーです⛺️♪

f:id:otonajoshi:20190704233450j:image

そろそろ夏の花もたくさん顔を出し、木道歩きが楽しい季節ですよ♡小板橋ガイドは尾瀬マスターなので、お花などの説明を聞くのも楽しみですね^_^

f:id:otonajoshi:20190704233547j:image

しかし、梅雨の時期の為、降水確率が気になるところ。。。

ご参加の皆さまは、雨が降らないのが一番ですが、万が一に備えてしっかり雨対策をお忘れなく!!

 

シュラフ、ダウンジャケット(化繊ジャケットやフリース等)は必ず防水のスタッフバッグに入れて持ち運びましょう^_^!

シュラフはコンプレッションタイプがおすすめです◎グッと小さくなるので、バックパック内に余裕ができます♪

f:id:otonajoshi:20190704234324j:image

また、テントを張る尾瀬沼ヒュッテのテント場は、尾瀬沼が近いので朝は冷え込みます☻防寒着をお忘れなく✨

f:id:otonajoshi:20190704234400j:image

(かれこれ6年前の写真で手元が震えましたが、、、)こんな感じのウッドデッキの上にテントを張れます!地面が平らなのは快適だなぁ〜と感じるステキなテン場です。笑(ペグは打たず岩などで張り綱を固定します◎)

 

また、もし雨が降っていたらテントを設営するのがちょっぴり大変です(ノ_・。)!

スムーズに設営するための準備として、【テントをバックパックの出しやすい場所に入れておく】ことがポイントです◎

f:id:otonajoshi:20190704234955j:image

例えば、大型のバックパックで下部にアクセスジッパーがあるならば、、、

f:id:otonajoshi:20190704235133j:image

こんな感じに!雨の中、荷物をガサゴソと探すのは大変しんどいので、必ずテントは出しやすい場所に入れておきましょう◎!

f:id:otonajoshi:20190704235348j:image

それでは、週末は元気にお会いしましょう^_^!

 

 

byなっちゃん

残雪期のレイヤリング  byあやや

こんにちは。

6月下旬の白山の際の服装です。

スタート時の気温は15℃程度。天候が曇りだったので、少しひんやりする位で登るには丁度良いです。

 

f:id:otonajoshi:20190624142715j:plain

一緒にいった割と寒さに強い先輩は、ミレーのアンダーにウール混の化繊Tシャツ+アームカバー。日焼けを気にしてネックゲイターも常時使用。

 

寒がりの私は今回もビビりつつ、ミレーのアンダーにウール長袖をトップスに。

帽子は天候が不安定な時は、雨が降っても良いようにレインキャップを愛用しています。意外と蒸れないです。(レインJKTのフードを被ると音が聞きづらくなるので大雨以外は被りません。) 

www.kojitusanso.com

www.kojitusanso.comf:id:otonajoshi:20190624142016j:plain

雪の上は通常寒いですが、運動量が多い時はさほど寒さを感じません。

f:id:otonajoshi:20190624145703j:plain

休憩時と、ほぼ山頂付近に着いた時はレインウェアを羽織りました。

レインウェアは年中使用します。特にJKTの使用頻度が高いので、サッと取りだせる位置にパッキングしておくのが重要です。

折角持ってきたので荷物にせずどんどん使います。

f:id:otonajoshi:20190625065150j:plain

翌朝。6:00過ぎ。標高2,700mほどの山頂はじっとするにはダウン必須で中にフリースも着こみました。気温は2℃。

薄手でも良いのでグローブがないと手がかじかみます。

風が強い場合は体感温度が下がるので気温以上に寒く感じます。

帽子はハットよりニット帽の方が良いですね。まるで夏の様な風景にはややアンバランスに見えますが(笑)f:id:otonajoshi:20190625113109j:plain

下山すると麓の気温は22℃くらいで本当に寒暖差が激しいです。

再びウール1枚で通します。昨日はガスっていましたが青空が顔を出してくれました。

 

 「あややの服が暗すぎて映えない」と散々文句を言われやや落ち込みましたが、お花がこんなに綺麗なので許して欲しい。

ただ写真を見返すと、もっと明るい色でも良いなといつも思います。。

 

と、こんな感じのレイヤリングですが、私も持って行きすぎたりして失敗する事もまだまだあります。

かなり前から山行の際は温度計を持って行き、どの位の気温かチェックして「この位だったらこのウェアかな」という感じで試行錯誤しながら経験値を貯めていきました。

 

失敗は成功の素。しくじった~、なんて思わずにプラスに捉えて山を楽しみましょう!!

皆さんの暑い時・寒い時の乗り切り方や、アイデアなんかもまた教えて下さいね(*^_^*)

 

かおりんと巡る秩父旅・第3回は街で映えるアウトドアスタイル♪ byるんちゃん

秩父巡礼の旅!小雨の中、第3回を迎えました♪

今回は秩父の街中を巡るコース、蒸し暑い時期でも動きやすく

快適なアウトドアウエアを取り入れたスタイルでお出かけしてきました!

f:id:otonajoshi:20190630171332j:plain

かおりんはノースフェイスの爽やか白Tシャツ☆

敢えてXLのオーバーサイズを選んでパンツの中にイン。

襟首の後ろ側を下げてうなじを見せるように着るのが今風とのこと!

おしゃれ上級テク、参考になります!

www.kojitusanso.com

 

f:id:otonajoshi:20190630143413j:plain

ベージュのキャップもお似合いです☆

 

www.kojitusanso.com

 

f:id:otonajoshi:20190630121235j:plain

パリ~。

ノスタルジックな秩父の街にもすっかり溶け込んでいます!

 

私はお気にのバーグのボーダーTに

たくさん入るミステリーランチのA5で歩きました♪

f:id:otonajoshi:20190630233056j:plain

www.kojitusanso.com

 

www.kojitusanso.com

このバッグは大容量で御朱印とガイドブックが

すっぽり入ります。厚地なので雨の日も安心☆

 

街歩きでもたくさん歩いて汗をかくと

汗冷えして不快な思いをします。

アンダーウエアも山用が断然オススメ!!!

www.kojitusanso.com

www.kojitusanso.com

ぜひ取り入れてみてくださいー☆☆

 

レポートもお楽しみに!

f:id:otonajoshi:20190630115958j:plain

by るんちゃん 

テント泊におすすめ!My枕 Byなみへ~

先日、北アルプスでテント泊してきました!

今回、はじめてを使用してみましたが『快適』すぎ

自宅でも使いたいぐらい寝心地がよかった!!

f:id:otonajoshi:20190628085158j:plain

種池山荘で昼寝して待ち合わせ

 こちらが使用した枕です!

#SeaToSummit AEROS PILLOW PremiumRegular

注)現在モデルチェンジしております。

f:id:otonajoshi:20190626073948j:plain

 手のひらサイズでバックパックの場所をとらず携帯できます!もちろん軽い!

 f:id:otonajoshi:20190626074214j:plain

職場の休憩中でも寝れちゃうかも^^

池袋西口店の枕コーナー

http://www.kojitusanso.jp/shop/kanto/ikebukuronishiguchi/

枕などの小物は店舗によって在庫が異なりますので、店頭でご確認くださいませ。

f:id:otonajoshi:20190628141154j:plain

色々あります!!

f:id:otonajoshi:20190628141320j:plain

f:id:otonajoshi:20190626074057j:plain

あまりにも寝心地がよくて、、、寝過ぎてしまうので注意

f:id:otonajoshi:20190628085313j:plain

冷池山荘テント場枕が心地よくてテント虫

前夜にお酒を飲みすぎてしまったというのもありますが、、、

テント泊はいろいろな楽しみがあってオススメです!

山で飲む? 山で寝る? 

f:id:otonajoshi:20190628085720j:plain

スノーピーク”雪峰”に梅酒をいれて行きました!

 

 使用した登山レポートはこちら

http://www.kojitusanso.jp/otonajoshi/tozan-report/detail/?fm=25304

Byなみへ~

あすの蓼科山ツアーご参加のみなさまへ by ニコ

こんにちは!

 

あす6月29日(土)の蓼科山ツアーへご参加のみなさま、、、

今回ツアーに同行させていただくニコです!

 

天気予報は、、、あいにくの雨ですね・・・(涙)

 

 

ツアー催行会社より、今回の台風の影響はないと判断されましたため、

当初の募集要項にも記載がありますとおり雨天決行になります。

 

 

そこで、念には念を…

装備と持ちモノの最終確認をさせてくださーい!!

 

f:id:otonajoshi:20190628135336j:image

 

✔ レインウェア(上下セパレートタイプ)

✔ 防水かつハイカットの登山靴

✔ ゲイター (スパッツ)・・・写真一番下、左

✔ 防水スタッフバッグ・・・写真の黄緑色の四角いシルエットのもの

✔ 防水グローブ(手袋)・・・写真の紫色の手袋

✔ ストック

 

※ 写真には載せていませんが、リュックサックにかけるザックカバーもご持参くださいね!

 

上記は、今回とくに重要になる装備です。

あとはいつもどおりのザック、ヘッドライト、行動食、飲み物、保温着などを。

 

 

f:id:otonajoshi:20190628135700j:image

 

レインウェアを着用しても、指先だけは守れません!

樹林帯を越えたら、急に寒く感じることがありますので防水の手袋がおすすめです!

 

 

f:id:otonajoshi:20190628135706j:image

 

絶対に濡らしたくないものは、防水スタッフバッグに収納!

財布、携帯、カメラ、などなど・・・濡れたら困るものには対策を!!

 

 

f:id:otonajoshi:20190628135740j:image

 

足元がドロや、水で濡れないようにゲイター(スパッツ)のご用意を!

 

f:id:otonajoshi:20190628135756j:image

 

汚い写真でごめんなさい!

防水でハイカットの登山靴でお越しください。

 

 

今月のはじめに下見にいってきた登山レポート↓

http://www.kojitusanso.jp/tozan-report/detail/?fm=25229

を参考にしていただければわかるとおり、初心者でも登れるコースですが途中で岩やザレ場がでてきますのでストックがあると格段に歩きやすくなります!

(下見のときは、おなじコースを東京都の小学生160名が登山中でした。)

 

 

 

実は、雨の中で歩くことって本当にいい経験になります。

わたし自身も、長い間、あまり雨の中で歩いたことがなかったのですが、

飯豊で土砂降りの雨に当たったことがいまでも経験として活かされています。

 

コースタイムが短い今回は、あすの同行ガイドと相談して雨の日の登山のコツを

少し勉強できたらと打ち合わせしていますよ。

 

 

万全の装備、万全の体調で無理なくご参加くださいね★

みなさまにお会いできることを楽しみにしています!

 

 

※現地での状況判断の結果、安全を優先しコースの変更をする場合がございます。

ご理解のほど、何卒よろしくお願い致します。

 

 

 

ニコ