化繊ジャケットはとっても優秀! byるんちゃん

皆さん山での中間着には何をお使いですか?

そもそも中間着とは、アンダーウエア→ベースレイヤーの

次に着る保温着のこと!

 

主な中間着としては、

フリースダウンなどか挙げられます。

中間着の上にレインウエアやハードシェルを着れば

雨風雪を防ぎつつ、保温性もアップできます。

暖かい日には中間着をアウターとして着ることも。

 

そして最近注目されてる中間着が化学繊維のジャケット!

特に雪山では濡れてもヘタらないんです!

フリースのように風を通し過ぎることもなく、

ダウンのように熱気を溜め過ぎることもなく、

ちょうど良く暖めてくれてます。

 

汚れたら洗濯機にポイッ。

ダウンの様に毛が抜けることもありません。

 

こちらは普段着てるマムートの化繊ジャケット ↓

かれこれ7年くらい着てます!

f:id:otonajoshi:20190118215935j:plain

 

こちらは山で使っているパタゴニアのナノパフベスト ↓

カラーもお気に入り♪

f:id:otonajoshi:20190118095112j:plain

そんな化繊ジャケット、

関東では街でも使いやすいことが判明しました!

 

雪の降らない関東でダウンは暑すぎる!

電車やお店など人混みは異常に暑くダウンでは汗をかいてしまう。

そんな私に暑くなり過ぎない化繊はピッタリ!!

飲み会で臭いがついたらソッコー洗濯機へ!

 

そんな隠れ化繊ファンの私が今気になっているのが

パタゴニアのマイクロパフジャケット

f:id:otonajoshi:20190119014944j:plain

化繊なのにダウンのようなフワフワ感で、

何より軽くてコンパクトになります!

ホントに化繊??と疑ってしまうほど。

 

ホントに化繊でした!

f:id:otonajoshi:20190119103022j:plain

 

以前おとな女子登山部のツアーで

小林ガイドが着ていたのを見て

ますます欲しくなっちゃいました!

f:id:otonajoshi:20190119100718j:plain

 

小林ガイドはネイビーカラー。

f:id:otonajoshi:20190119100927j:plain

その薄さで暖かいのか気になるところでしたが

本当に暖かいとのことです!

 

www.kojitusanso.com

 

 

街や山で、そういえば汗かきすぎてたな・・・

お手入れもっと楽にならないかな・・・

と薄々感じていた方はぜひ化繊ジャケットお試しください!!

 

by るんちゃん

 

 

Do it yourself!ウェアの穴あきを補修してみました。by ニコ

こんにちは、ニコです!

 

大切なGORE-TEXのウェアに穴があいてしまったので、リペアシートで補修してみましたよ。

 

 

 

〈 用意するもの 〉

 

◼︎ 市販の専用リペアシート(好日山荘にて販売中)

◼︎ ハサミ

◼︎ 穴あきウェア

 

 

予想以上にキレイな仕上がりで大満足!

さっそく、手順をご覧ください…

 

 

1.穴があいたウェアをながめる。

 

f:id:otonajoshi:20190114224023j:image

 

ジッ…

表のナイロンに穴が空いていますが、ゴアテックス(白い部分)までは貫通していません。

 

 

2.リペアシートを袋から取り出す。

 

f:id:otonajoshi:20190114224138j:image

 

 

 

3.リペアシートを、問題の穴よりも少しばかり大きくカットする。

 

f:id:otonajoshi:20190114224309j:image

 

f:id:otonajoshi:20190114224348j:image

 

 

 

4.カットしたリペアシートの角を落とす。

 

f:id:otonajoshi:20190114224444j:image

 

このひと手間で、格段にはがれにくくなります。

 

 

 

 

5.問題の穴に貼る。

 

f:id:otonajoshi:20190114224608j:image

 

f:id:otonajoshi:20190114224642j:image

 

貼りつけた部分とウェアの生地が傷まない程度に、ギチギチと指で何回か押します。

(オノマトペが難しいですね。ギュッギュッ?コキコキ?)

 

あ、大切なことを言い忘れてました。

ウェアは汚れをキレイにしてから補修しないと、すぐにリペアシートがはがれちゃいます。

 

 

 

 

6.完成よ!じゃじゃん!

 

f:id:otonajoshi:20190114224806j:image

 

f:id:otonajoshi:20190114225650j:image

 

写真でみると、光沢感が異なり目立ちますが実際にはかなりナチュラルに仕上がりました。

 

所要時間 5分!

 

 

 

 

f:id:otonajoshi:20190114225001j:image

 

リペアシートは、各メーカー500円くらいからの販売になります。

 

生地には種類や色がありますので、心配な方は補修したいものをお店にお持ちくださいね。

 

 

 

冬はアイゼンなどでウェアやザックに穴があきやすいので、参考になればうれしいです。

 

 

by ニコ

冬の低山ファッションbyなっちゃん

「冬の低山って何を着ればいいの?」

「夏のウェアでいいの?」

「ジャケットは常に着ているの??」

「ダウン?フリース??」

 

…この時期そんな質問をよく耳にします。

が、この時期晴れか曇りか?風があるのかないのか?

それだけで随分と体感温度が違い、ウェア選びも難しいところ。

f:id:otonajoshi:20190109220929j:image

そこで、1/8に歩いてきた、宝登山でのウェアをご紹介したいと思います。少しでもウェア選びの参考になれば幸いです^ ^

 

この日の天気は晴れ☀️(最高気温10℃)風もなく、ぽかぽかとした日だったので歩いていると少し汗ばむくらいでした。(宝登山の標高は497m)

★風速が1m/s増すごとに体感温度は約1℃ずつ低くなるので、風が強いと低山でもとても寒いです!

f:id:otonajoshi:20190109221502j:image

【アンダーウェア】

ブレスサーモミドルウエイト クルーネック長袖シャツ(ミズノ)

【ベースレイヤー】

リアルフリースロングスリーブクルー(アイスブレーカー)

商品型番:IAW51780

【ボトムス】

夏用パンツ(バーグハウス)

+メリノウールタイツ

 

のんびり歩く低山ハイキングだったので、発熱素材ブレスサーモを使ったアンダーウェアを着用^_^♪中厚手だと暑くなりすぎず、使い勝手がいいです◎

f:id:otonajoshi:20190113100407j:image

そしてベースレイヤーはお気に入り♡

やわらかな着心地が特徴のアイスブレーカーのリアルフリースシリーズ✨

他にもホワイト・ネイビーがあるので買い足したいくらい!

デザインもシンプルで、普段着にもおすすめ♡

 

ちなみに、今回は夏用パンツ+メリノウールタイツで寒くなかったですが、風がある日は夏の薄いパンツだとタイツを履いていても寒いです💧

冬は生地が厚手のパンツが風あたりも寒くなくオススメです!寒がりさんは、生地が厚い+裏起毛のパンツを履けばしっかり防寒できますよ★

★なんとWEB SHOPでは半額商品も!


 

f:id:otonajoshi:20190109222522j:image

そして冬に必ず+装備して欲しいのが、ダウンジャケット!休憩時に汗ばんだ身体を冷やさないよう、しっかりあたためるため着用します。

雨や雪でダウンが湿ってしまうとロフト(かさ)がつぶれてしまうので、バックパックに入れる際は防水のスタッフバッグがおすすめです◎


そして今回デビューさせたのは、巷で人気のこちらの帽子!(遅い?)

f:id:otonajoshi:20190109223139j:image

フロンティアキャップ(ザ・ノースフェイス)

防水素材を使用し、内側にはフリースを施したあたたか〜い帽子!!この時期は毎年ニット帽だけだったので、いつもと違うものに挑戦したく購入しました^_^!

人気でほとんどのお店で売切なので、見つけた際はお早めに!

 

またまた月曜日はもっちーと山に行く予定です♪今シーズンお初の雪山へ行ってきたいと思います^_^!

3連休で山を楽しむ皆様もお気をつけてお出掛け下さい〜♪

 

 

byなっちゃん

 

 

 

チェーンスパイクを購入! Byなみへ~

 1月27日のおとな女子登山部ツアー「軽アイゼンで雪山ハイキング♪」に同行予定のなみへ~です。今のところ積雪の情報が入っていないのでドキドキして眠れません( ;∀;)

1月9日飯能~秩父でちょっとだけ雪がちらつきましたが。。。トホホ。。


f:id:otonajoshi:20190110001139j:image

ツアーで雪がなくても、しっかり軽アイゼンの使い方&歩き方などをレクチャーしますので軽アイゼンをご持参くださいね!

私は"6本爪の軽アイゼン”と"道路用の滑り止め”をもっています。

上:道路用の滑り止め 下:6本爪軽アイゼン
f:id:otonajoshi:20190109235003j:image

 

今は店頭にはないモデルなので、同等商品がこちらです!↓

www.kojitusanso.com

www.kojitusanso.com

 

 好日山荘のスタッフの中にはがっつり雪山はやらないものもおります。

それでも6本爪軽アイゼンやチェーンスパイクを上手に使い分けて冬の低山ハイキングを楽しんでいます♪

あややが先日あげていたBlog,実際に山で使った様子がレビューされておりわかりやすいですよ~~!自分の行きたい山、目指したいことに合わせて選んでください!
yamafashion.hatenadiary.jp

 

じつは今回、新たにチェーンアイゼンを買い足しました!
最近は気温が高い冬の日も多くなり、雪が解けて凍る場合が多いからです。
チェーンアイゼンは今後出番が多くなりそうな気配です!

 

 ↓なみへ~が購入したのはコレ↓ トレランシューズにもぴったりだったのが決め手!

www.kojitusanso.com

 

そのほかのモデルはこちら~!

www.kojitusanso.com

www.kojitusanso.com

 ちなみに、滑り止めを収納している袋は折り畳み傘を入れる袋です!!
とっても便利~~、サイズもぴったりでした!
通勤に便利なのですが、外れやすいというのが難点です。
30分ぐらいの普通の道路の凍結では十分ですが、林道などガタガタした場所ははずれることがあります。スプリングが曲がったりはずれたりすることもあります。 

f:id:otonajoshi:20190109234746j:plain

 

おとな女子登山部でinstagramはじめたよ!!
www.instagram.com

 by なみへ~

初めてのガソリンストーブ♪ byるんちゃん

以前冬の八ヶ岳でガスストーブでお湯を沸かしたところ

何だかとっても頼りない火力だったので

雪山用にガソリンストーブを購入しました!

f:id:otonajoshi:20190109192426j:plain

それがこちら ↑↑ SOTOMUKA(ムカ)ストーブです!

 

ガソリンストーブというと

点火が面倒、メンテが大変で玄人向けというイメージでしたが

このストーブはそんな私でも比較的簡単に扱えました!

 

予熱作業がいらず、

どのくらいポンピング(燃料を送り出す作業)すればいいかも

目で見て確認できるのでわかりやすい!

f:id:otonajoshi:20190109194419j:plain

上のインジケータの赤い線が出ればポンピング完了!

 

最初はオレンジの炎が勢い良く出てきてビックリしましたが、

すぐにあのSOTO特有の青くてキレイな炎に変わります。

f:id:otonajoshi:20190109194628j:plain

                

f:id:otonajoshi:20190109192429j:plain

 

点火、火力調整 、空気抜き、消火は

ダイヤルを回すだけでとても簡単!

f:id:otonajoshi:20190109195240j:plain

 

ついでにご飯も作ってみました!

f:id:otonajoshi:20190109201252j:plain

今日のメニューはサバ缶と大根のトマトリゾット♪

大根はとろとろ、コクのあるサバをトマトでさっぱりいただきました♪♪

 

畳むとこんなにコンパクト!

小さくなるのは山で大事なことですよね。

f:id:otonajoshi:20190109213959j:plain

 

雪山で使うのが今から楽しみです!

www.kojitusanso.com

www.kojitusanso.com

※天候や時期、場所によっては冬山でも

ガスストーブ+寒冷地用ガスカートリッジで対応できます。

 

by るんちゃん

雪山での実験  byあやや

皆さんこんにちは。

去年の年末寒波の際、滋賀県にある綿向山に行く機会に恵まれました。

f:id:otonajoshi:20181229135602j:plain

綿向山の標高は1,110mで比較的手軽に登れる雪山として知られていますが、12月でこんなに積雪があるのは珍しく立派な霧氷を見ることが出来ました。

 

今回は登山学校でお馴染みの島田ガイドにお誘いいただき、その他可愛らしい女性ガイドの前田さんとお客様と一緒に登ることに。

寒波の影響が大きそうなので、出来る限りの雪山装備で臨むようにとの連絡が。。

久し振りにピッケル・アイゼン・冬靴の出番です。

 

当日は雪山が初めての方もいらっしゃいましたので、島田ガイドがちょっとした実験を2つ行いました。

通常1,000m級の雪山ですと、4~6本爪の軽アイゼンから10~12本爪のアイゼンを使用しますが

チェーンアイゼンを付けたらどうなるか・・・

f:id:otonajoshi:20190104154226p:plain

チェーンアイゼンとはゴムなどの伸縮性の高い素材で靴底に鋼鉄のチェーンを網状に張ったものでアイゼンほど長くて鋭い爪はありません。

伸ばして靴の上から履くような感じで簡単に装着でき軽いのが特長です。f:id:otonajoshi:20181229100113j:plain結果、足裏に雪が固まり、まるで高下駄のように。踏ん張りが効かないので危険です。

平地やアイスバーンではチェーンスパイクが活躍しますが、モフモフの大雪では効力が発揮できませんでした。

 

f:id:otonajoshi:20190104155127p:plain

島田ガイドはスノースパイクを付けてみましたが、それに至ってはどこかで脱げてしまいました。。また6本爪アイゼンのお客様も途中で歩き辛さを感じ、予備のアイゼンに変更することに。

★結論★

平地や凍っている状態ではチェーンアイゼンは使いやすいが、大雪には不向き。状況に応じて使い分けが必要。

 

続いての実験は

雪山でレイン用のゲイターを付けたらどうなるか・・・

f:id:otonajoshi:20181229104340j:plain

お客様をモデルに左足にレイン用のゲイター、右足には冬用のゲイターを装着して頂きその違いを体感して頂く事に。

結果、アイゼンを付けて歩き始めた時に、爪が引っかかりレイン用ゲイターが破れてしまいました。アルパインパンツまで貫通しなかったのが不幸中の幸いです。

★結論★

冬用のゲイターの方が耐久性がある。生地が厚く丈も長いので温かい。

 

その他の特徴として、冬用のゲイターは着脱部分がベルクロになっているものが多くグローブをしたままでも取り扱いやすいです。(ジッパーだと凍ってしまう可能性があります。)

1,000m級であっても大雪が降れば条件は厳しくなりますので、出来れば冬用のゲイターで出掛けるのがおすすめです(^.^)

 

私も実際に道具の差をまじまじと感じることが出来、貴重な体験となりました。やはりプロから学ぶことは多いと感じた1日でした。

 

登山レポートはこちら

 

運気か上がる!?ビビットカラーのおニューザック☆ byるんちゃん

日帰りの雪山登山用に使っていたザックが

ボロボロになってきたので新調しました!

f:id:otonajoshi:20181218214745j:plain

 

つじまいとおそろモデルです(*^_^*)

yamafashion.hatenadiary.jp

 

お気に入りポイントはやっぱり何と言ってもビビットなカラーリング!

黄色というよりゴールドに近い色!

とっても山で映えました!!

なんだか運気もアップしそうな予感(笑)

 

ポケットは止水ジッパー付きのシンプルなもの。

f:id:otonajoshi:20181218214159j:plain

頑丈な生地なので

木の上からどっさり雪が降ってきても(!)安心♪

 

f:id:otonajoshi:20181218214040j:plain

ピッケルホルダーもスマートです。

早くピッケル付けたいな~。

 

雪山デビューが今から楽しみです♪♪♪

 

by るんちゃん